lafaceブログ

2014年12月18日 木曜日

シミって結局....何者?

一般的に、「シミ」とは、皮膚表面に出現している、黒色、黒褐色、茶色の色をした、「色素斑」と
理解されています。
(まぁ~生まれながらにしてある、アザ等は除いて...それと、黒子も除いて)

その「シミ」をメラニン色素...と言われていますね。

嫌われ者の、「シミ」ですが、皮膚に対してはとても大切な役割を果たしています。

まずは、紫外線の被爆から細胞の核を守るために、自らが犠牲となって、紫外線を吸収します
それと、紫外線を浴びると、活性酸素が発生するので、その活性酸素を除去する為にも働いています。

メラニン色素は、始めは「無色透明」なんです。

表皮の「基底層」と呼ばれる(表皮の最下層にある層)、所の「メラノサイト」に陣取っています。
メラノサイトの先端(樹状突起)の袋の中が、住処です。

紫外線を被爆すると、信号が送られてきて、「出動命令」が出されます。
出てきた、「メラニン色素」は、ケラニノサイト(角質細胞のほとんど)に受け渡されます。
(まだ、この時も無色透明です)

そして、「メラニンキャップ」と呼ばれる、「傘、あるいはヒサシ)のようになって、細胞の核を覆って守ります。
この時、酵素が働き(一般的にはチロシナーゼ)、無色透明が、黒色に変化します。

役目を終えると、徐々に皮膚の表面に送られて、角質細胞となり、排出されます。
ところが、皮膚の代謝が衰えてきたり、あまりの紫外線の被爆量だと、過剰になって排泄されなくなります。

これが、取り残された「シミ」なんですね。

活性酸素を除去してくれる時も、同様です。
過剰な活性酸素が発生すれば、(紫外線被爆が多ければ)、メラニンの黒色化の量が多くなって、
排出が困難になるんですね。

出来たら、どうするか?
レーザーで取るか、フォトRFで取れば良いですガビーン

投稿者 有限会社エスコム | 記事URL

2014年11月19日 水曜日

やっかいな「ニキビ」

思春期に好発する「にきび」(^。^;)
通常は、思春期が過ぎた頃から、改善方向に向いますが、
最近は、成人ニキビも非常に多いです。
昔から、「髪の毛がニキビに触れるから」とか「甘いものを食べ過ぎる」からとか
言われてきましたが、これらの指摘は、医学的根拠はありません。

ニキビは、アクネ菌と呼ばれる「バクテリア菌」によるものですが、
この菌は、皮膚の常在菌であり、主に毛穴に潜みます。(空気が嫌いなのです)
そして、酸化した皮脂が大好きです。
角質が溜まって、毛穴を塞いでしまうと、ニキビ菌には、絶好の生息状態になります。(空気は薄いし、酸化した皮脂はたくさんあるし...)
まず始めに、毛穴が盛り上がり「閉塞面ぽう」
いわゆる「白にきび」の形成です。

次に、内容物が次第に増加して、毛穴から出てきます。
これが、「開放面ぽう」
いわゆる「黒にきび」です。
これらを放置すると、炎症を伴い「紅色丘疹」...「赤にきび」に...
さらに、化膿して、「膿ほう」に移行します。

この状態まで放置すれば、ニキビ跡が出来てしまいます。
早目の、ケアをお勧めします。

menpou_comedo_shironikibi_up_photo.jpg

ke2.gif

f0215297_17272742.jpg

投稿者 有限会社エスコム | 記事URL

2014年11月 7日 金曜日

しみ取り

「しみ」とは、その原因によって、様々な種類があり、一概に「フォトRF」「レーザー」で、全て除去できるわけではありません。

特に、「ぷくつと盛り上がっている」脂漏姓角化症と呼ばれる、しみは、一度、その盛り上がりを、別のレーザー(CO2レーザー)か、高周波メス等で切り落としてからでないと、レーザーでは取れません。
ましてや、「フォトRF」は尚更です。

又、シミの存在している位置によって、取れ方も違います。
奥(真皮層)にあるシミは、当然浮かび上がって来ません。(かさぶたにはなりません)
又、一般的に言われている「美白剤(ハイドロキノン)」だけでも、一度出来た「シミ」は取れるものでもありません。

シミ取り...10,000円

投稿者 有限会社エスコム | 記事URL

2014年10月21日 火曜日

多極型RF(ラジオ波)とは?

3:単極高周波機器と双極(又は多極)高周波機器
単極高周波機器を「モノポーラ」と言います。
双極高周波機器を「バイポーラ」と言います。
双極とは2極の事ですね。
その他に、多極と言って、3極を「トリポーラ」、4極を「テトラポーラ」と言います。
モノ、バイ、トリ、テトラは「ギリシャ数字」です。
それぞれ、1,2,3,4ですね。
モノは、モノレールで、バイはバイセクシャルとか、トリはトリオ、テトラはテトラポット、ちなみに、5角(極)は、ペンタで、「ペンタゴン」、8極は、オクトで「オクトパス」で馴染みがありますね。

双極(多極)高周波機器
2つの極端子間に「高周波」が流れ、熱作用を及ぼす方式です。
本来は、高周波は深部まで到達して熱作用を及ぼしますが、双極(多極)...「いわゆる発振極が2つ以上ある高周波機器の事。」
の高周波機器においては、両極を結んだ最短の距離に高周波のエネルギーが流れるため、
比較的表層部分のみの熱作用に留まります。
(これらの高周波機器は熱エネルギーが深部まで届きにくいって事です)

ゆえに、皮膚内(せいぜい真皮層上部)を中心とした熱作用となり、脂肪層への直接的な熱作用はありません

投稿者 有限会社エスコム | 記事URL

2014年10月17日 金曜日

ラジオ波とは?(その1)

まず、ラジオ波を理解する前に、高周波=ラジオ波である事を理解しましょう(・ε・)/高周波とは?厳密に波長や、周波数の定義があるわけではありません。あくまで、電気(周波数50Hz)より高い周波数の「電磁波」である...とまず理解。

この、電磁波の中に「高周波」があり、ラジオの周波数と同じような「周波数」をもっているので、一般的に「ラジオ波」と呼ばれています。高周波は、適切な周波数によって、その性質上熱を発生させます。

良く、「ラジオ波でシミは取れますか?」と質問を受けますが....
全く、取れませんので(^。^;)
そして、ラジオ波は構造上「モノポーラ方式」と「マルチポーラ方式」があります。


投稿者 有限会社エスコム | 記事URL