lafaceブログ

2015年10月26日 月曜日

にきびの治療をご希望の方は愛知県豊橋市にある当院へ

思春期の頃であれば誰しも一度は出来た事のある「にきび」ですが、
これは顔に出来る事が多く、それは生活の質を低下させる原因になります。

人の目が気になったり、にきびを気にして鏡を見つめてしまったりするなど、
にきびがあると良い事はほとんどありません。

また、にきびが出来た時にご自身で自ら潰される事があるなど、
誤った対処を施している方がいらっしゃいます。

にきびを潰す行為は、跡を残してしまう原因になりかねませんので、
適切な対処によって、治療を行っていくのが望ましいと言えます。

にきびをドラッグストアの薬品で治療されるのも一つの手段と言えます。
ただ、にきびの原因を正確に突き止め、それに対して有効である薬を、
適切に処方してもらい、服用する事が満足度の高い回復に繋がります。

にきびは誰にでも出来る病気ではあるものの、
その完治の仕方は対処の方法によって大きく異なります。

愛知県豊橋市にある当院ではにきびの治療を行わせて頂いています。
綺麗に治したい、跡を残してしまいたくないという方は一度、
当院にご相談して頂ければ、適切な対処をさせて頂きたいと思います。

投稿者 有限会社エスコム | 記事URL

2015年10月23日 金曜日

顔のたるみのお悩みについては愛知県豊橋市にある当院へ

若いときより顔のたるみが気になる、
少しずつたるみが目立つ様になってきたという事はないでしょうか。

人の顔のたるみは様々な事が原因となり起こります。
その一つとして加齢があげられます。

年齢を重ねると真皮層にあるヒアルロン酸が減少してしまい、
肌にハリが失われてしまうのです。
小さい赤ちゃんの時にはコラーゲンやエラスチンなどが豊富でも、
40代を越えるとそれらが半分以下になる減少もみられるのです。

また、紫外線もたるみに影響する事の一つです。
肌のコラーゲンやヒアルロン酸などを生成する繊維芽細胞に、
紫外線がダメージを与えると正しく成分が作られなくなります。
それによってたるみが発生してしまうのです。

いずれの原因によるたるみだったとしても、
適切な治療を施す事により、たるみは十分に解消する事に期待出来ます。

顔の肌がたるむと、実年齢より老けてみられる事にも繋がりますので、
特に女性で気にされている方は治療を受けてみるのも良いかもしれません。

愛知県豊橋市にある当院ではたるみに関するご相談を承っております。
たるみが気になり始めた、思い切って治療して治したいという方は、
当院にご相談して頂ければと思います。

投稿者 有限会社エスコム | 記事URL

2015年10月16日 金曜日

しわを治したい方は愛知県豊橋市にある当院にご相談ください

顔に出来るしわは、男性はもちろん、
女性が特に気にしてしまう症状なのではないでしょうか。

しわが出来る原因は様々なのですが、
その原因の一つが紫外線です。

例えば表情しわが気になる場合、
それは紫外線によって肌の形状記憶能力が低下している可能性があります。

紫外線や肌の乾燥によってコラーゲンやエラスチンなどが失われると、
肌のシワが現れやすくなってしますのです。

また、真皮シワというのは、
皮膚の弾力が失われる事によって発生するものです。

これも同様に紫外線が影響するほか、加齢に伴って起こる事も多く、
一般的にシワといわれるものが真皮シワといっても良いでしょう。

美容版サーマクールは、そんな「しわ」の改善に適切に作用します。

投稿者 有限会社エスコム | 記事URL

2015年10月 9日 金曜日

顔のシミを解消されたい方は愛知県豊橋市にある当院へ

男性、そして特に女性が気になってしまう顔のシミですが、
これは様々な事が原因となって発生してしまいます。

特に、シミは加齢に伴って起こると考えられている方が多い事でしょうが、
紫外線や偏った食生活など様々な事が原因として起こります。

習慣的にお肌のケアをしてあげる事は大切ですし、
なにより日差しの強い屋外に出る時には、
日焼け止めをしてUVケアを施す事もシミの対策には必要です。

ただ、こまめにケアや対策をしていたとしても、
どうしてもシミが出来てしまうという事も稀ではありません。

シミは専門的な施術を行う事により、
肌に沈着したシミを取り除く事は十分に行えるのです。


シミは放置していて勝手に綺麗に治ってくれるというものではありません。
適切な治療をほどこし、シミを解消してあげる事が大切です。

シミを残したままにするのは、悩みの原因、コンプレックスになりやすく、
人とコミュニケーションを取りづらいという事にもなりかねません。

投稿者 有限会社エスコム | 記事URL

2015年4月 4日 土曜日

肝斑とは?

皆さんは、「肝斑」はCMでも言われているので、ご存知だと思います。
写真の様な「色素斑」ですね。

ここで、皆さんの勘違いがあります(。・_・。)
「肝斑」は、ホルモンバランスの崩れが原因で出来る!と言う勘違いです。
(昔は、そう思われていましたが、今では違います)

「こすりすぎ」で起こります。
(えっ~たったそれだけの事?信じられな~~い...と思ったはずです)
しかし、そうなんです!

CMでも、宣伝している「トランシー〇」と言う、肝斑に効く飲み薬~と謳っているあの薬は....
「シミ」を消す、薬ではありません。

抗プラスミン剤...と言って、炎症を抑える薬なんです。
(薬局の、かぜコーナーに行って、喉の炎症を抑える薬の裏表示に、トラネキサム酸の表示があるはずです)

つまり、「肝斑」は、「炎症を伴った色素斑」なのです。

ファンデーションで、隠す為に厚く塗ってこすったり!
美白剤を一生懸命、塗ったり!

逆効果です(^。^;)

美白剤は、効果ありません!
それと、肝斑以外には、トラネキサム酸は効きませ(^。^;)



img_0_m.gif

投稿者 有限会社エスコム | 記事URL