lafaceブログ

2014年10月21日 火曜日

多極型RF(ラジオ波)とは?

3:単極高周波機器と双極(又は多極)高周波機器
単極高周波機器を「モノポーラ」と言います。
双極高周波機器を「バイポーラ」と言います。
双極とは2極の事ですね。
その他に、多極と言って、3極を「トリポーラ」、4極を「テトラポーラ」と言います。
モノ、バイ、トリ、テトラは「ギリシャ数字」です。
それぞれ、1,2,3,4ですね。
モノは、モノレールで、バイはバイセクシャルとか、トリはトリオ、テトラはテトラポット、ちなみに、5角(極)は、ペンタで、「ペンタゴン」、8極は、オクトで「オクトパス」で馴染みがありますね。

双極(多極)高周波機器
2つの極端子間に「高周波」が流れ、熱作用を及ぼす方式です。
本来は、高周波は深部まで到達して熱作用を及ぼしますが、双極(多極)...「いわゆる発振極が2つ以上ある高周波機器の事。」
の高周波機器においては、両極を結んだ最短の距離に高周波のエネルギーが流れるため、
比較的表層部分のみの熱作用に留まります。
(これらの高周波機器は熱エネルギーが深部まで届きにくいって事です)

ゆえに、皮膚内(せいぜい真皮層上部)を中心とした熱作用となり、脂肪層への直接的な熱作用はありません

投稿者 有限会社エスコム | 記事URL

2014年10月17日 金曜日

ラジオ波とは?(その1)

まず、ラジオ波を理解する前に、高周波=ラジオ波である事を理解しましょう(・ε・)/高周波とは?厳密に波長や、周波数の定義があるわけではありません。あくまで、電気(周波数50Hz)より高い周波数の「電磁波」である...とまず理解。

この、電磁波の中に「高周波」があり、ラジオの周波数と同じような「周波数」をもっているので、一般的に「ラジオ波」と呼ばれています。高周波は、適切な周波数によって、その性質上熱を発生させます。

良く、「ラジオ波でシミは取れますか?」と質問を受けますが....
全く、取れませんので(^。^;)
そして、ラジオ波は構造上「モノポーラ方式」と「マルチポーラ方式」があります。


投稿者 有限会社エスコム | 記事URL

2014年10月15日 水曜日

フォトRFで使う430nm波長とは?

アクネ菌はポルフィリン(特にプロトポルフィリンⅨ)を産生します。
このプロトポルフィリンⅨの吸収波長は、410~530までは良く吸収されますが浅部。
580~630までは、吸収率は低下しますが深部まで到達します。
プロトポルフィリンⅨが、熱によって不安定になりその結果、三重項酸素3O2 は、ラジカルを奪われ(三重項酸素は、通常フリーラジカルと言う)、一重項酸素1O2 になり(一重項酸素はいわゆる活性酸素)、アクネ菌を破壊します。

投稿者 有限会社エスコム | 記事URL

2014年10月12日 日曜日

IPL(フォト/光)の波長

IPL(光)は、色に吸収されます。
その為、ターゲットの色素やその色素の吸収率に合った、波長を選択する必要があります。
数種類の「波長」が選択出来ない、フォト(光)の機器は、その分施術出来る範囲が限られてきます。
業者に、「こっちのハンドピースが顔用で、こっちが脱毛用です」.....という機器は、脱毛はある程度の結果が出ますが、フェイシャルで出来る施術は、かなり限られてきます。

後、波長を選択する際に、「吸収率」と併せて考えておかなくてはならないのが、「浸透度」です。
波長は、短いほど手前までしか届かず、長くなればなるほど奥まで届きます。
いくら、吸収率が高くても、ターゲットまで届く波長で無いと、意味がありません。
小生が、開発した「フォトRF複合機」は、それらの波長選択が、ターゲット別に自動に選択できる「ソフト内蔵」です。

DSC_1971.JPG

投稿者 有限会社エスコム | 記事URL

2014年10月 9日 木曜日

フォトRFによる「しみ」の除去



照射、10日後の写真です。

投稿者 有限会社エスコム | 記事URL